本文へ移動
観て楽しい 食べて楽しい 遊んで楽しい 四日市!
よ い ま ち 、 四 日 市 !
0
4
9
2
1
2
エキサイト四日市バザール2020は、新型コロナウイルスの拡散防止の為、中止させていただました。
 
 
 

■四日市諏訪商店街振興組合■からのお知らせ

中小企業等課題対応支援事業の調査・委員会開催しました。
2020-07-20
会議の様子
令和2年度 中小企業等課題対応支援事業
第1回 調査・研究委員会議事録
 
会議名  中小企業等課題対応支援事業 第1回 調査・研究委員会
開催年月日 令和2年7月20日(月)13時30分〜15時30分
開催場所  スワセントラルパーキング 2階 大会議室
出席者(出席者数 17名)
欠席委員数( 0名)
 (専門家委員) 1名(オンライン出席)
 (委員長・委員)5名
 (組合役員)  8名  
 (オブザーバー)3名
協議事項
1.今後の事業内容とスケジュールの検討
議長あいさつの後、副議長より現在に至る経過報告と今後の取り組み予定が話された。
〇 昭和53年竣工のスワセントラルパーキングは、先人の方々により、その都度補修工事を行ってきたが、平成29年度の耐震診断により、耐震改修の必要性が指摘された。そこで、諏訪地区の中の組合駐車場という立場を見据えながら、諏訪地区全体を包括した策定事業に取り組むこととなった。
〇 8回の調査・研究委員会と1回のビジョン作成委員会、そして最後に成果普及講習会を開催予定である。
調査・研究委員会では、3社より相見積もりを行い、組合員・周辺地域住民・駐車場利用者に対してアンケートを実施し、意見の集計作業を行う(11月末終了、12月初め発表)。
また、ビジョン作成委員会では、3社より相見積もりの末、組合駐車場を含む中心市街地に位置する諏訪地区の将来像を、都市計画の視点で考察する。
〇 今回、村山顕人先生に、ビジョン作成委員会の専門家委員として迎えることができたのは、近鉄四日市駅前基本構想に携わってみえた経験から、中心市街市地にも詳しく、広い視野から諏訪地区を見ていただこうと考えたからである。
2.協議内容
平成23年四日市商工会議所が中心で実施の「四日市中心市街地グランドプラン」と、平成30年「トータルプラン作成支援事業(㈱全国商店街支援センター)」の当組合成果物、並びに参考例として「巣鴨とげぬき地蔵通り商店街」のイベントを中心とした取り組み例をパワーポイントで紹介した。
 今日まで、数々の策定事業が中心市街地を舞台に行われてきたが、机上論で終わりがちだった。今回は、過去の成果物を重要視しながら、具体的な結果を出せる取り組みとした。
 
  • 次回8月3日(月)13時30分よりの第2回 調査・研究委員会では、
    ・調査・研究事業とビジョン作成事業の依頼先業者を決定し、アンケート内容を検討する。
    ・「三重うまし国横丁」の吉田金二郎氏にお話を伺う。吉田氏は、コロナ禍の中で先達を切ってイベント「ゑびす横丁祭」に取り組まれた。取り組みへのいきさつや留意点等を聞く。
    ・今後も、オンライン会議の実験的試みを続け、普及に努めたい。   
TOPへ戻る